中性脂肪を減らして健康ライフを

中性脂肪を減らして健康ライフを

中性脂肪(トリグリセライド)とは簡単にいえば脂肪です。

 

体の中にある中性脂質、リン脂質、糖脂質、ステロイドの4種類の脂質の中の1種です。

 

炭水化物が分解されてブドウ糖が余り、その余った物や食事によって摂取された脂肪のほとんどが中性脂肪になります。
これらの摂取が多いと脂肪細胞や肝臓に蓄積させれます。つまり、皮下脂肪のほとんどが中性脂肪と言えるでしょう。

 

私達の体を動かすのに必要なエネルギーが中性脂肪のおかげなのです。

 

血液中の糖分がエネルギーとして使われ、この糖分がなくなると中性脂肪が使われるのです。
中性脂肪の役割は他にも有ります。

 

体の体温を一定に保ったり、そして、衝撃を受けた時の内蔵を守るクッション材、内蔵や骨を守る重要な存在です。

 

 

中性脂肪をそのままにしておくと大変なことになります。

 

中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減ったり、
悪玉コレステロールが増えたりバランスが悪くなり血液がドロドロになったり、
血液中の粘度が高まったりして動脈硬性疾患の危険因子となります。

 

中性脂肪の基準値は30〜149mg/dLです。
男性のほうが数値が高くなりますが、この値を超えると高トリグラセライド血症と呼ばれます。

 

 

食事改善で健康ライフ

 

食べ物の改善では肉や揚げ物、飲酒の量を減らす事が大切です。
間食をやめてください。もちろん、甘いものを食べるのも控えましょう。
野菜から食物繊維をたくさん摂るようにしてください。

 

体内に取り入れて欲しい食べ物が有ります。それは、青魚です。

 

青魚には血液をサラサラにしてくれ、血中中性脂肪値を下げる効果が有ります。
毎日の食卓には、鯖、イワシ等の青魚を食べるようにしましょう。

 

有酸素運動のウオーキング、ジョギング、水泳をしましょう。

 

毎日続けるのは難しい人が多いので、週2回〜3回ぐらい運動をするように心がけましょう。
食事、運動を取り入れつつ生活習慣の改善をする事で中性脂肪が減り健康な生活を送る事ができます。