必見!自宅で高負荷スクワット法!

必見!自宅で高負荷スクワット法!

最近人との関わりをできるだけ持ちたくないという方々が増えてきており、それに比例してご自宅で筋トレをされている方が増えてきています。
たしかに毎月高い月謝を支払わずに自宅で身体を鍛えられるのは非常に魅力的ですよね。

 

しかし、ご自宅で筋トレする場合様々な器具を用意しなければ高い負荷をかけられずいまいち筋肉がきたえられないことが多いことでしょう。

 

それでは毎月の月謝を支払わなくても筋トレ機具にお金がかかってしまいもともこもありません。
そこで今回はご自宅で自重のみで十分に効果の出るスクワット法をご紹介します。

 

なぜスクワットなのか?

 

今回なぜスクワットをご紹介するかというと、人間の身体とは筋肉の7割が下半身に集中しています。

 

そのため下半身を鍛えることにより他の部位を鍛えるよりも簡単に身体の筋量が増加し、相乗効果で他の筋肉の筋量アップの手助けになるのです。
つまり下半身を鍛えることで筋肉のつきやすい身体になるのです。

 

気になるそのやり方とは?

 

それではさっそくそのスクワット法をご紹介いたします。
準備として、怪我の原因になりますのでストレッチはゆっくりと時間をかけて行ってください。
まず、直立した状態から足を肩幅より少し広めにひろげます。

 

つま先の角度は45度にしてください。
背筋はぴんと伸ばしてください。

 

腕は身体の横でぶらんと脱力させた状態にします。

 

そこから鼻で息を深く吸い込みながら腰を降ろしていきます。
背筋は伸ばしたままお尻を後ろに突き出すようにしてください。
膝の角度が90度になったらそのまま3秒キープ。

 

その後口から息をはきながらゆっくりと状態を戻してください。
以上の動作を10回で1セットとします。

 

これを1日3セット、2日おきに行ってください。

 

おわりに

 

以上が自宅で筋トレ機具を使用せず自重のみで高負荷をかけられるスクワット法となります。
まずはやってみていただければ、通常のスクワットとの違いを実感できることでしょう。

 

注意としては、筋トレには十分な休息が大切なので1日3セット以上行ったり、毎日行うような行為は絶対におやめください。
これらのことを守りながらこのスクワット法を続ければ、自宅で簡単に下半身を鍛えられます。